ご挨拶

社長

日本の伝統の「本染め」にこだわり

「本染め」とは、「染め」に天然の染料を使用し一枚一枚手染めで制作する方法です。今では天然染料の入手が困難なため、一般的な染料を使用していますが、その作業工程は昔ながらの職人の手しごと。人の手で染め上げるため、一枚一枚が微妙に違って手しごとらしい雰囲気に仕上がります。手間ひまかかりますが、日本伝統の「本染め」には、深く落ち着いた味わいある風情を感じます。

またプリント手ぬぐいと違い、裏面まで染料で染まり裏表にデザインが表現できる部分も本染め(注染)手ぬぐいの大きな魅力ではないでしょうか。

創業から250年。先代から家業を引き継いで50年経ちました。

新潟の片田舎の染物屋やが「染めもの」を通して、日本はもとより世界中の方々とお付き合いできたのも、日本伝統の染めの技術があったからこそと、先人の叡智に感謝の気持ちでいっぱいです。

この日本の伝統「本染め」の技を次の時代へ伝えるためにも、日々の仕事に精進しお客様に喜んでいただける商品を提供していきます。

チョザワ染色 代表 千代澤 昭弘