てぬぐいのこと

手ぬぐいのこ4
手ぬぐいのこと3
手ぬぐいのこと2

日本手ぬぐいの歴史

日本てぬぐいは古くより使われていましたが、綿栽培が盛んになった江戸時代に歌舞伎役者が愛用したとして広く大衆の間に広まっていきました。明治時代になり、注染という染色技法が確立され、現在の独特な風合いのてぬぐいとなりました。

手ぬぐいの特徴

てぬぐいの使い始めは横糸がほつれやすいですが、その場合はハサミでほつれた糸を切りとって下さい。
だんだんに糸がつまってきてほつれにくくなってきます。
さっと洗ってすぐに乾く手拭、使い込んでいくと色落ち、風合いともに柔らかく馴染んできて、永くに愛される一品となることでしょう。

染色方法について

本染め

本染めとは、手作業による染物のことです。本手染とも言われます。
機械染めの場合、両面プリントか、片面プリントになりますが、
本染めは両面とも染まるので、表裏一体の味わいのある風情に染まります。

注染

熟練した職人による伝統技法で染められた日本てぬぐいの染め方です。
注染てぬぐいも表裏面が同じように染め上がるので微妙なあいまいさや柔らかく深みのある色合いなど、粋でおしゃれなてぬぐいがたのしめます。